神埼市観光協会・KANZAKI

秋の九年庵 一般公開のご案内

九年庵・国の名勝

九年庵・国の名勝指定(平成7年) 佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と明治33年から9年の歳月をかけて築いた6,800㎡の庭園。 別荘は入母屋葦葺の屋根に杉腰張りの土壁、竹格子の連小窓や真竹を用いた周りの濡縁など、野趣に富む外観を持ち、材質、色感、意匠、構造などのすべてに、細心かつ充分な吟味が加えられ、茶室と書院の様式を折衷した近世和風の数奇屋建築です。 庭園は広く、多くのツツジやモミジ類などが植栽されており、四季を通して美しい景色を描き出しています。また、庭一面に広がるコケはまるでじゅうたんを敷き詰めたかのように錯覚してしまいます。 九年庵は平成7年2月に国の名勝の指定を受け、毎年春の新緑の時期と秋の紅葉の時期に一般公開をしています。

 

 

一般公開

期   間

平成28年11月15日(火)~11月23日(水・祝) 9日間

時   間

午前8時30分~午後4時まで

美化協力金

300円(中学生以下無料)

 

○九年庵へ入園する際は、午前8時頃から本部テント(もみじの湯駐車場)で配布する入園整理券が必要です。

当日配布します。事前予約は必要ありません。

○来園者が多くなり、午後4時までに入園の見込みがたたない場合は、整理券の配布を早めに中止します。

○公開期間中の週末(19日・20日)及び祝日(23日)は混雑が予想されます。駐車場に入場する際にも待ち時間が発生する可能性がありますので、乗用車でお越しの方は早めの時間帯にご来園ください。

 

 

問い合わせ先 神埼市観光協会 TEL0952-37-0107

 

 

大きな地図で見る

 

 

交通案内図(H28)(PDF)

○最寄りの高速道路のインターは、「東脊振IC」です。

○一般道の場合は、東脊振トンネル有料道路も利用できます。

○九年庵周辺には、公営の駐車場はありませんので、九年庵周辺の混雑を避けるため、マイカー用駐車場として吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場を準備しています。(インターから約10分)

○インターからは、臨時駐車場への誘導看板を準備しています。また、神埼市内の各主要道路にも案内看板を設置しています。

○臨時駐車場では、約1,000台分の駐車スペースを準備していますので、安心してお越しください。

<九年庵臨時駐車場の情報(カーナビへ入力)>

吉野ヶ里公園管理センター(佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843)(電話0952-55-9333)

 

九年庵チラシ

秋の九年庵1 秋の九年庵2

臨時駐車場

交通安全対策協力金 マイカー 500円 ・・・観光協会では、吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場を準備しています。
マイクロ・中型バス 2,000円 ・・・運転手が見学を希望される場合は、吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場へ。但し、土・日・祝日については仁比山公園へ。(お客様が下車された後、バス待機所へ移動してください。運転手の方は係員が送迎いたします。)運転手が見学されない場合は、仁比山公園へ。(お客様が下車された後、バス待機所へ移動してください。)
大型バス 3,000円・・・仁比山公園へ。(お客様が下車された後、バス待機所へ移動してください。)

 

■マイカーでお越しの場合

○マイカーの方は、吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場(西口そば)へどうぞ。⇒ 交通の流れ(PDF)
○駐車場からは、シャトルバス(無料)を15~20分おきに運行しています。⇒ シャトルバス導線(PDF)

○障がいのある方や足の不自由な方用の駐車場を仁比山公園に設けています。障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた場合、乗用車の駐車料金は無料です。

 

【九年庵入園までの流れ】

①臨時駐車場からシャトルバスで約10分の仁比山公園で降りていただきます。

②愛逢橋を渡ったところに本部テント(黄色いテント)があります。そちらで入園整理券を受け取ってください。

③待ち時間がなければ、そのまま九年庵へお進みください。

※個人の列と団体の列が分かれていますので、並ぶときにお間違えのないようにお願いします。

 

大きな地図で見る

 

■中型・大型バスをご利用の場合

○中型・大型バスは、仁比山公園へ直接お越しください。⇒  観光バス導線(PDF)

  ⇒仁比山公園地図 (PDF)

  ⇒アクセスマップ(PDF)

 

○お客様の乗降は仁比山公園でしていただきますが、バスは、別の場所での待機となります。待機場所は、仁比山公園バス乗降所から約1.6kmの朝日地区にあります。

○仁比山公園バス乗降所が手狭なため、お帰りの際は、お客様の集合確認が取れた後、仁比山公園内の乗降所への移動をお願いします。

    ⇒待機所への地図(PDF)

 

【九年庵入園までの流れ】

①お客様は、仁比山公園で降りていただきます。

②愛逢橋を渡ったところに本部テント(黄色いテント)があります。そちらで人数分の入園整理券を受け取ってください。

③入園整理券は、各個人に配布せずに受付袋に入れたまま九年庵入口の団体受付にお渡しください。

④待ち時間がなければ、そのまま九年庵へお進みください。

※個人の列と団体の列が分かれていますので、並ぶときにお間違えのないようにお願いします。

 

公共交通機関

九年庵へは、公共交通機関をご利用ください。

 

特急列車 九年庵公開期間中(11月15日~23日)は、JR神埼駅に特急列車が臨時停車します。

▼佐世保・ハウステンボス方面

列車名

博多発

新鳥栖発

神埼着

みどり・ハウステンボス3号

8:34

9:01

9:09

みどり・ハウステンボス5号

9:31

10:00

10:11

みどり7号

10:32

11:02

11:11

▼新鳥栖・博多方面

列車名

神埼発

新鳥栖着

博多着

みどり16号

13:59

14:07

14:34

みどり18号

14:59

15:07

15:34

 

※神埼駅からは、路線バス(南口より、昭和バス)またはタクシー(北口より、片道1600円程度)をご利用ください。

※期間中は、南口より臨時の路線バス(昭和バス)<神埼駅~九年庵の間>が運行されます。

(1時間に2便程度、片道310円)

 

 

高速バス 天神バスセンター、佐賀駅バスセンターから30分に1本あります。(片道1,030円)

「高速神埼」で降りていただき、九年庵本部まで約1kmです。(徒歩20分程度)

※なだらかな坂道となっていますので、歩くのに自信のない方は、タクシーのご利用をお勧めします。

 

 

*注意点

※九年庵の一般公開に伴い、仁比山公園の駐車場は、有料(身障者専用)となります。

※期間中は混雑が予想されますので、公共の交通機関を利用されることをお勧めします。

※九年庵入園の際には、入園整理券が必要です。九年庵本部(憩いの家広場)に事前にお寄りください。
※九年庵は飛び石と階段が多い庭園です。車いすは使用できません。

問い合わせ先    神埼市観光協会 TEL0952-37-0107

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加